引越しで失敗しないために - 引越し前の失敗例

引越し前の失敗例

気持ちよく新生活のスタートを切るためにはスムーズな引越しをしたいものです。特に初めての引越しでは準備の進め方や作業の手順などがイメージしにくいものです。そこで、引越しでよくある失敗例を紹介します。まず、引越しの直前の見積もりは値引交渉にあまり応じてくれません。引越し予定日の3週間以上前なら余裕もあるため他の業者に行かないよう料金を値引きしやすくなります。大抵は特典をつけたり値引きしてくれるので交渉した方が良いでしょう。引越し業者を利用する際、まずは見積もりの依頼をしてサービスの内容や料金を確認します。(参照>引越し)その場合、気になる業者に直接連絡してもいいですし、複数の業者へ一括して見積もりを請求できるサイトを利用するのも便利です。複数の業者から見積もりをもらった方が相場もわかって安心ですし、料金の値引き交渉などにも役立ちます。注意したいのが、あまり多くの業者に連絡を入れすぎないこと。見積もり一括請求サイトから1度に何十社からも見積もりがとれることがありますが、あまり多くとりすぎても判断がつかなくなります。中にはしつこく連絡を入れてくる業者もあり、断るだけでも疲れてしまうこともあります。多くても10社、その後具体的に話を進めるのは2から3社で良いでしょう。 また、訪問での見積もりを受けた時、「今決めないと、この価格にはなりません。」と言われたり、段ボールや手みやげなどを勝手に置いていき断りにくくされることもあるようです。納得できるサービスであれば交渉してもいいですが、そうでないのならばはっきりと「今すぐには決められません。」「他社とも比較検討したい。」と言って自分のペースで進めていきましょう。

 

<引越し関連>
引越しを機会に生命保険の見直しをしてみましょう。保険料の節約で、引越し費用のねん出ができたり、家計の収支のバランスが改善できるかもしれません。こちらは無料で生命保険の見直し相談ができるサイトです → 保険 見直し